分子栄養学療法 分子栄養学療法

分子栄養学療法とは?

分子整合栄養学療法(オーソモレキュラー)は、栄養素や栄養素代謝に基づいて、個々の患者様に合わせた栄養療法を提供し、身体(細胞)が必要とする分子=栄養素を補い、心と身体の健康を継続する療法です。
この療法のメリットとして、個別化された治療が挙げられます。
検査結果を基に、代謝プロファイルや生活習慣など、個々の患者様に合わせた栄養療法を提供でき、また、健康な状態を維持するための栄養状態を最適化することで、様々な疾患の予防に寄与します。
さらに、長期的な視点で栄養状態を改善し、持続可能な健康をサポートする点も特筆されます。
病態生理学に基づいたアプローチを取ることで、栄養状態が患者の病態に与える影響を理解し、適切な介入を行うことが可能です。

イメージ画像

対処療法との比較
COMPARISON

対症療法との差別化

通常の対処療法は症状に対して投薬等のアプローチを行いますが、分子整合栄養学療法は根本的な原因に働きかけ、治療の持続性を高めます。

個々の違いへの対応

対処療法は一般的なアプローチであるのに対し、分子栄養学療法は個々の患者様の生体個性に合わせたアプローチを可能にします。

健康維持

対処療法が疾患の治療に焦点を当てるのに対し、分子栄養学療法は予防と持続可能な健康に焦点を当てます。

歯科で分子栄養学療法を取り入れる理由
REASON

歯科治療の効果向上

一般歯科治療に加え、分子栄養学療法に基づいて、個々に最適量の栄養素を補う事で、歯科治療の効果が上がるだけでなく、再発防止や良好な状態の維持にも役立ちます。

口腔内変化の早期発見

適切な栄養補給は、口腔内のみならず、全身の健康にもつながります。口腔内は肌など他の組織に比べて代謝周期が早い為、栄養状態の変化が現れやすく、全身症状が現れる前に対処する事も出来ます。

口腔健康の改善

適切な栄養療法は口腔健康を改善し、歯周病やむし歯のリスクを低減させる可能性があります。

手術後の回復支援

インプラントや抜歯等、歯科手術後においても、分子栄養学療法は回復期間を短縮し、適切な栄養素の摂取を促進します。

口腔疾患への根本的なアプローチ

歯科疾患に対する治療において、栄養状態の改善は根本的なアプローチとなり得ます。特に歯周病や口内炎等、再発しやすい口腔内疾患に対して有効な手段です。

治療の流れ
FLOW

問診

患者様個人の生活習慣や状態を伺います。ご希望でオプション項目の検査にも対応しております。

検査

血液・唾液・尿を採るだけなので、人間ドック等に比べて身体的な負担は少なくすみます。
※問診・採血以外に初診で行う事があったら教えて下さい。

分析

分子整合栄養学の専門医による検査結果の分析を行います。過去36万件もの検査データの研究成果に基づき、全69項目と、詳細なデータを基に分析します。

処方・指導

検査結果に基づき、食事や生活習慣の指導、サプリメントの処方や高濃度ビタミンCの点滴など、最適な栄養アプローチをご提案いたします。

通院・
定期的な指導

定期的に通院・検査される事で、健康状態の維持につながり、疾患や健康状態の悪化に対し、早期の発見・対応が期待できます。
改善状況を確認する為にも、半年後くらいを目安の検査をおすすめしています。

診療時間 SCHEDULE

9:00

12:00
14:00

18:00

アクセス ACCESS アクセス ACCESS

〒017-0043 秋田県大館市有浦1丁目6-23
診療時間 / 9:00 - 12:00 14:00 - 18:00 土曜 9:00 - 12:00 
休診日 / 日曜

お問い合わせ・予約受付
TEL 0186-49-3588

谷本歯科医院外観写真